犬の嘔吐の色で見分ける!【透明、白、黄、緑、赤、茶、黒】を吐いた原因

犬が吐いた時の色

犬はもともとよく吐く動物ですが、嘔吐物の色で異常がどこにあるのか、また緊急性の有無などをある程度知ることが出来ます。

ここでは犬の嘔吐物が透明、白色、黄色、緑色、赤色、茶色、黒色であった場合についての原因と対策を解説します。

犬がゲロした嘔吐物はすぐに捨てたり洗ったりしてしまわずによく観察することが大切です。

犬が吐いた色が透明、白い泡の場合

犬のゲロした嘔吐物が白っぽいとき・泡立っているときの正体は『胃液』です。無色透明の液体で、白く泡立っていることもあります。

ほとんどにおいがしないことも特徴の一つです。

口元に多少の泡があっても、元気な様子であればさほど気にすることはありません。

ただし嘔吐をしたことで口元に泡がついている時は、吐いた後の数時間は食事やおやつを控え、ゆっくり過ごさせてあげましょう。

口の中をすっきりさせるためにと水を与え過ぎてしまうと、繰り返し嘔吐を起こす原因となります。

原因としてはストレスや食べ過ぎ、空腹時間が長いことなどが挙げられ、胃酸が過剰に分泌されて食道へ逆流することによって起こります。

原因の一つ空腹嘔吐とは

空腹嘔吐とは文字の通り、胃の中が空の状態が長時間続くことで、胆汁が胃に逆流してしまい、嘔吐を引き起こしてしまうことを指します。

例えば長時間のお留守番で食事が与えられなかったとか、そもそも食事の量が少な過ぎることで透明や白っぽく泡立った感じの物を吐きます。

或いはダイエットのための減量なども原因かもしれません。

吐いたあとケロッとしていて普段と様子が変わらないのであれば心配することはありません。

ただし、繰り返し何度も吐いたり、下痢や腹痛を伴うなど他の症状があれば病院へ行くようにしてください。

対策としては

  • 食事の量を見直す
  • 空腹時間を減らすため、食事の回数を増やす
  • 腹持ちの良い食事を与える

などが考えられます。

散歩の時間を変えただけでも吐かなくなったり、あるいは吐くようになる場合もあります。

犬が吐いた時 犬が吐いたとき考えられる病気一覧表

ストレスが原因の場合

犬が運動不足に陥ると、ストレスで無駄ぼえが多くなったり、自分の尻尾を追い掛けてくるくる回り出したり、やたらと体の1カ所をなめ回したりする傾向があります。

犬が舌を出して「はぁはぁ」しているのは、体温調整をしようとしているからです。

飼い主が気付いてあげなければ、犬は言葉にできません。

犬が出すストレスからくる信号を見逃さず、ストレスの無い環境を作りましょう。

対策としては

  • 適度な運動や遊びでストレスの要因を取り除いてあげる
  • 気温調整をする
  • 飼い主の自分本位なペースで接しない

犬にきっちりとした行動パターンを定めることが、ストレスを軽減させるポイントです。

犬が吐いた色が黄色い場合

犬が吐いた黄色い嘔吐物の正体は『胆汁』です。泡が混じっている場合もあります。胆汁はツーンとした刺激臭がします。(生臭いにおい、と表現する人も)

原因としては食べ過ぎや空腹時間が長いことが挙げられ、胆汁が胃のほうへ逆流した刺激で嘔吐します。食欲や元気はあるのに空腹のときだけ吐く症状のことを「胆汁嘔吐症候群」と言います。

前回の食事から時間が空くと吐いてしまうため、朝起きてすぐ、または夜ご飯前に嘔吐することが多いです。

対策としては

  • 腹持ちの良いもの(さつまいもなど)をおやつに与える
  • 1回分の食事量を減らし、そのぶん回数を増やす

などで対応します。

一過性のもので吐いたあと食欲や元気があるようなら病院へ行く必要はありません。1日に何度も吐いたり吐き方が激しい場合はただの嘔吐ではない可能性が考えられるので、早急に病院へ連れて行ってください。

我が家のキンタマーニ犬WasabiとボーダーコリーKomugiはお腹がすき過ぎた時に、黄色いものを出します。

犬が吐いた色が黄緑~緑色の場合

犬が吐いた緑色の嘔吐物の正体は『胆汁』です。

上の項で述べたように、通常胆汁の色は黄色なのですが、空気に触れて酸化すると黄緑~緑色に変色します。愛犬が嘔吐をしてからある程度時間が経ってそれを発見した場合は緑色になっている場合があります。

嘔吐の原因や対策の仕方などは上の項と同じく、食べ過ぎや空腹時間が長いことが挙げられ、胆汁が胃のほうへ逆流した刺激で嘔吐します。

食欲や元気はあるのに空腹のときだけ吐く症状のことを「胆汁嘔吐症候群」と言います。

前回の食事から時間が空くと吐いてしまうため、朝起きてすぐ、または夜ご飯前に嘔吐することが多いです。

対策としては黄色い嘔吐の場合と同じく

  • 腹持ちの良いもの(さつまいもなど)をおやつに与える
  • 1回分の食事量を減らし、そのぶん回数を増やす

などで対応します。

一過性のもので吐いたあと食欲や元気があるようなら病院へ行く必要はありません。1日に何度も吐いたり吐き方が激しい場合はただの嘔吐ではない可能性が考えられるので、早急に病院へ連れて行ってください。

犬が吐いた色が黄土色、茶色、黒色、赤い場合

犬が吐いた【薄い赤色、鮮やかな赤色、薄い茶色、こげ茶色、黒色】などの嘔吐はすべて体内のどこかから出血している可能性を示しています。(=吐血)

薄い赤でなおかつ少量であれば、何度も繰り返し吐いたことによって胃酸で食道が荒れている可能性が考えられます。

濃い赤色であれば胃内部からの出血の疑いがあり、考えられる病名としては急性胃炎、胃潰瘍、悪性腫瘍(ガン)などがあります。

茶色(コーヒー色、こげ茶色、黄土色)、黒い嘔吐は出血からある程度の時間が経っていることを意味しています。

この場合かなり緊急性を要しますので、様子見などはせず可能な限り早く動物病院へ行くことをおすすめします。

犬が吐いた嘔吐物の色と時間で原因を見分ける方法

「犬が吐いた」と一口に言っても、吐いた時間や頻度や色、吐き方や吐いたあとの様子はみんなそれぞれ違います。

「赤い血を吐いたんだけど…」「下痢もしているけど何かの病気?」

体のどこに異常があるのかは、吐いたものの色を見ることで大まかに予測することが出来ます。

嘔吐以外の症状から病名を探る方法

犬が吐いたときは他の症状が出ていないかも注意深く観察してください。

下痢や食欲不振、発熱や血尿、震えはありませんか?
こんな症状があるときはこんな病気が疑われます、という情報をお探しの方はこちら。

犬が吐いた時 犬が吐いたとき考えられる病気一覧表

犬が吐く頻度・タイミングも大事な判断材料に

犬が吐いた時、動物病院へ連れていくべきか、しばらく様子を見ていいのかどうかは多くの飼い主さんが悩むところだと思います。

その判断の際、吐いた回数や吐いた時間帯がカギとなります。

まず嘔吐回数ですが、血が混ざっていない限り1度吐いたぐらいでは病院に連れていく必要はありません。

危険なのは頻繁に吐いたり、嘔吐が何日も続いているときです。

そして血が混入しているときも重大な病気が隠れている可能性があります。出来るだけ早く獣医さんに診せてください。

次にタイミングですが、いつ吐くのかによってそれぞれこんな病気が疑われます。

  • 食べてすぐに吐く場合……巨大食道症、食道狭窄、食道痙攣など
  • 食べてしばらくしてから吐く……胃腸炎、レプトスピラ症、肝疾患、幽門疾患など
  • 吐き気はあるのに吐けない……フィラリア、心臓病、胃捻転、十二指腸潰瘍など

まとめ

愛犬は言葉には出せないので、飼い主は愛犬の空腹やストレスに気付いてあげることが大切です。

ここで犬の嘔吐物の色で簡単にまとめると、

  • 透明、白い泡……胃液、様子見でよい
  • 黄色い……胆汁、様子見でよい
  • 黄緑、緑色……酸化した胆汁、様子見でよい
  • 赤……比較的新しい血、動物病院へ行く
  • 茶色…ある程度時間が経った血、早急に動物病院へ行く
  • 黒色……かなりの時間が経った血、早急に動物病院へ行く

どのケースにも共通して言えることは、毎日のように何度も繰り返し吐いて止まらない場合や、元気・食欲がない、吐血している、ふらつきがあるなどほかの症状を伴うときは、様子見をするのではなく可能な限り早く獣医さんに見せることが大切です。